ジュニア模型店・JB鉄道 オフィシャルHP はこちらから  

≫ EDIT

TOMIX 16番 電車、気動車用 ゴム付き車輪 再入荷

こんにちは 

今日は風が少しあるものの気持ち良い天気となっています

製作中のスユニ50も上回りの塗装が終了し 現在 下まわりの製作中です

黒色塗装中↓

スユニ50 下まわり1

完成までもう少しです!

本題です

今回はお蔭さまでご好評を頂いています TOMIXさんの16番用のゴム付き車輪が再入荷いたしましたので
その事をご報告させて頂ければと思います

今回は、前回の プレート車輪 ギア小、大の他に 波打ち車輪(グレー、濃グレー)のタイプも作らせて頂きました

TOMIX 16番 ゴム付き車輪

販売価格は 下記となります

プレート車輪 ギア小 一軸700円 (価格据え置き) 

プレート車輪 ギア大 一軸700円 (価格据え置き) 

波打ち車輪 グレー  一軸750円 

波打ち車輪 濃グレー 一軸750円

すみません 波打ち車輪は諸事情の為 プレートより50円高くなります 何卒ご了承ください


こちらは223系に新しく作りましたグレー波打ち車輪のゴム付車輪を組み込んでみた様子です↓

223系 ゴム付き車輪


こちらは 最近再販されたばかりのキハ181系にプレートギア大 ゴム付き車輪を組み込んだ様子です↓

TOMIX 181系 ゴム付き車輪組み込み2

181系は国鉄特急色はM車が単品売りされていますので 編成のM車増備が可能ですが、四国色はM車が無いのでゴム付き車輪を導入されると良いかもしれませんね!

国鉄特急色でもM車はT車の2倍以上の金額になってしまいますから・・・ 節約の為にゴム付き車輪を導入されても良いかもしれませんね・・・

こちらは牽引テストの為に お客様からお借りした車輌の前後の台車に各1軸づつゴム付き車輪を組み込んだ様子です↓

TOMIX 181系 ゴム付き車輪組み込み1

キハ181系はプレートタイプのギア大となります

低速で当店のレイアウトの勾配を牽いた 牽引テストの様子です 

ゴム付き車輪無し



ゴム付き車輪有り



いかがでしょうか?

ゴム無しですとキハ181 7輌を牽く事ができませんでしたが、ゴム付き車輪を2個付けた車輌ですと ほぼ速度の低下無く牽く事ができました

その後レイアウトを何周かしましたが 集電不良は見受けられませんでした

キハ180 国鉄特急色 M車は 少量ですがゴム付き車輪組み込み済の車輌を販売させて頂いております

在庫状況は当店のHPでご確認ください 

皆様にも是非ともご導入頂ければと思います よろしくお願いいたしますm(__)m
スポンサーサイト

| 鉄道模型 | 13:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

FUJIモデル スユニ50の組立 その1

こんばんは

気候が暖かく? 暑く? なってきて 夕方も18時を過ぎても明るくなってきましたね~

今日からは5月です!! 

5月の次には・・・塗装には最悪な6月が来てしまいます・・・ 頑張って溜まった塗装待ち車輌を消化しなければ!!

本題です

先日 TOMIXさんから50系客車が再販されました!!

久しぶりの50系客車です! キハ181系同様 待ち望んでいた方は多いのではないでしょうか?

TOMIX50系

すでにオハフが売れ切れ状態になっている お店も多いと聞きますし・・・すごい人気ですね!!

私も50系は地元の紀勢本線を走っていた事もあって大好きな車輌の一つです

DD51+スユニ50+オハフ50+オハ50+オハ50+オハフ50

↑いい編成ですね~ とても懐かしいです!!

懐かしさに浸っていたら、どうしてもこの編成が作りたくなったしまいました

という事で、50系にピッタリなスユニ50を組立る事にしましたので、今回はその事をアップさせて頂きます

今回作るのはFUJIモデルさんのスユニ50です↓

FUJI スユニ50 箱
FUJI スユニ50 中身

各部品のバリとりや手すり等の穴あけ、ボディーを組む前に先にハンダ付けをしておくと楽な個所のハンダ付けを行います

FUJI スユニ50 パーツバリ取り

FUJI スユニ50 パーツ穴け

FUJI スユニ50 パーツ 手すり



次に組立となりますが、FUJIモデルさんのスユニ50は妻面部品とボディー部品のサイズに若干ズレがあり、そのまま組むとズレた個所が目立ってしまいます
その目立ってしまう個所を消す為ハンダをかなり多めに盛り付けてハンダ付けを行います

FUJI スユニ50 妻面 ハンダ

↑※もったハンダは後で綺麗に仕上げますのでご安心ください 笑

妻面を付けたら扉やアングルを取り付けて行きます

FUJI スユニ50 扉はんだ

FUJI スユニ50 アングル

アングルを取り付け 車体の強度が強くなったら 先ほどモリモリに盛ったハンダを綺麗にして行きます

FUJI スユニ50 妻面屋根けずり

棒ヤスリや紙ヤスリを使い慎重に仕上げます

どうでしょうか?ズレが殆どわからなくなりました↓

FUJI スユニ50 妻面屋根けずった後

次に縦、横の雨どいを付けます

FUJI スユニ50 雨どい

↑横雨どいを付けている様子です 100円ショップのアルミ定規を添え冶具として使っています

この方法だとハンダ付けが下手な私でも楽に綺麗に付ける事ができます コスパ面も良いですし・・・笑

最後に銘板、札差、くつずりなどの細かなパーツを付けて・・・

FUJI スユニ50 妻面 部品取り付け

FUJI スユニ50 くつずり

上周り組立完了です↓

FUJI スユニ50 上回り組立

脱脂→酸洗い→プライマー吹き サフを吹いて 一休みです笑

FUJI スユニ50 サーフェッサー

サフまで吹き終わると素手で触ってもあまり問題無いので一気に気が楽になります笑

サフが乾いたら 青15号を塗り~

FUJI スユニ50 アオ15号

※画像では屋根にヤスリ掛け時の傷が見えますが、屋根の塗装の際に消えるので心配いりません

屋根を塗り、ベンチレーターを付けて、インレタを貼り、クリアーを吹き 上周り完成です!!

FUJI スユニ50 上周り塗装完了

ノンストップでここまで作業を進めたせいか・・・けっこう疲れました・・・笑

次は床下周りです


つづく~

| 鉄道模型 | 00:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT